香水

香水の機内持ち込みは制限があります【国内線・国際線で違いも】

香水の機内持ち込みは制限があります【国内線・国際線で違いも】

香水を機内持ち込みする場合の注意店

飛行機への液体の持ち込みに制限があることは知っていると思いますが、香水は大丈夫なのかって不安になりますよね。

飲み物や化粧品と同様に香水も液体に含まれるので、制限の対象になります。

国内線・国際線で違いがあるので香水を持ち込む場合はよく確認しておきましょう。

飛行機への香水の持ち込み

香水はアトマイザーに入れて持ち込むように!

割れないようにカバーがあればベスト。

アトマイザーに入った香水なら、「セントピック」と「カラリア」がオススメです!

液体の機内持ち込みの制限

飛行機内への液体の持ち込みは制限があり、国内線と国際線では制限の度合いが違います。国内線で大丈夫だったからと言って、国際線でも同じように持ち込んでしまうと没収されてしまうので注意しましょう。

国内線のルール

国内線では、お茶などの飲料は機内持ち込みができます。

飲料以外の液体物は、

・アルコール飲料

アルコール度数が24%以上70%以下のものはひとり5リットルまで

・化粧品・香水・医薬品

  • それぞれ500mlあるいは500g以下
  • 一人当たり2リットルあるいは2kgまで

国際線のルール

  1. 液体物はそれぞれ100ml以下の容器に入れる
  2. それらをジッパーが付いた透明のプラスチック袋に入れる
  3. 袋は縦横合計が40cm以下で容量1リットル以下
  4. ひとり1袋まで持ち込み可能

香水の機内持ち込みはアトマイザーで

預け入れ荷物の中に香水の瓶を入れると、トラブルになる可能性があります。

  • 衝撃で香水の瓶が割れてしまう
  • 気圧の変化で中身が漏れる

スーツケースの扱いがどんなものかを想像すれば分かると思いますが、かなり荒っぽいことが多いです。スーツケース自体は、少々の衝撃では壊れないように頑丈にできていますが、中身はそうはいきませんよね。

やわらかい袋にいれたりタオルにくるんだりしても割れる可能性があります。衝撃や振動で瓶のふたがゆるんで中身が全部でてしまった、なんてことも良くある話ですね。

使用する目的で香水を持ち込むのならアトマイザーをおすすめします。

液漏れしにくいガラス製の香水用アトマイザーを選ぶようにした方が良いですね。

アトマイザーへの香水の入れ替えは、100均で売っている注射器やスポイト、じょうごを使うことでおこなうことができます。香水ボトルの形状によっては入れ替えができない場合もあるので、入れ替えられるかを先に確認しておきましょう。

アトマイザーへの香水の入れ替えが出来ない場合

慣れない香水の入れ替えをすると、中身をこぼしてしまう可能性もあります。

そんな場合は、すでに香水が入ったアトマイザーを購入しましょう。

セントピック」と「カラリア」という香水の定期便の会社であれば、有名なブランド香水が4・5mlに小分けされたアトマイザーの状態で購入することができます。

フルボトルの香水を購入する場合よりは割高になりますが、オシャレなボトルケースが付いてくるので安心して持ち運ぶことができるので便利ですよ。

セントピック」と「カラリア」について詳しく知りたい場合は下記ベージで確認してみてください。

香水の機内持ち込み まとめ

  • 持ち込む香水などの液体の制限は事前に確認しておく
  • 預ける場合は割れないように最大限の対策をする

この2点だけは注意するようにしましょう。

当サイトオススメ!!ベースフード(BASEFOOD)

ベースフード(BASEFOOD)は、一日に必要な栄養素の三分の一が1食で摂取できる完全栄養食。
常温保存可能・賞味期限1か月・合成保存料、合成香料、合成着色料不使用
ぜひ一度お試しください。
今なら継続コースは初回20%OFF!!